歯の治療方法入れ歯・ブリッジ・インプラント

Author: admin

虫歯や歯周病といった口腔内の病気や、外傷による怪我で歯をなくしてしまう人がいます。
そういった場合に、その歯の隙間を埋める歯科治療があります。
その治療方法は大別して3つあり、「入れ歯」「ブリッジ」「インプラント」です。
入れ歯は、昔から存在する一般的な義歯です。
部分的に失った歯を補う「局部床義歯(部分入れ歯)」と、失ったすべての歯を補う「全部床義歯(総入れ歯)」があります。
イメージとしては、老人が装着するものというものがあると思いますが、他の歯科治療をする前の一時的な歯の補強として、若い人でも入れ歯を使うことはあります。
入れ歯に使用する素材によっては、保険適用で治療ができます。
ブリッジは、失くした歯の両側に残る歯を小さく削って土台を作り、削った歯の上に人工歯を被せて橋渡しをするように欠損部分を補います。
橋渡しをするという意味からブリッジと呼ばれています。
比較的どの歯科クリニックでも治療を行っている、入れ歯に次ぐポピュラーな歯の治療です。
歯の状態に応じて保険適用ができます。
インプラントは、最も機能が優れた高い審美性を持つ歯の治療です。
歯が欠損した部分の骨に穴を開けて人工歯根(インプラント)を埋め込み、そこへ人工歯を装着します。
使用感、見た目が自分の歯と遜色ないので「第2の永久歯」とも呼ばれています。
ただし、かなり厳しい条件をクリアしないと保険適用はできないので、多くの方は実費で治療することになります。
若い人や年配の人含めて人気がある治療方法は、審美性が高いとされているインプラント治療です。
やはり、自分の歯と同じように使えると言うのが大きな魅力のようですね。
ただ、骨の状態や顎の状態などによってはインプラントでは治療できないというケースもあります。
そのため、希望する治療法があっても、どの治療が適しているかは人によって異なってきます。
いずれにしても歯を失くしてしまった場合には、早急に歯科クリニックを訪ねて歯の治療を相談しに行くことが重要です。