審美歯科のインプラント

Author: admin

審美性の高さが評価されていることを受けて治療を希望する人が多いインプラント治療ですが、その審美性についてもっと詳しく見てみましょう。
インプラントが持つ審美性とは、大きく分けると「見た目」と「機能」があります。
歯の見た目は、他人へ与える自分のイメージに大きく影響します。
たった1本でも歯がなかったり、人工歯を入れていると知られると、それだけで良い印象は与えられません。
インプラントも人工歯ですが、物によって多様な素材を使用しており、そのどれも人工歯とは見分けがつかないくらい精巧にできています。
そして、自分の骨に直接埋め込んでしまう治療法を用いることで、残存している他の歯への悪影響がありません。
例えばこれが入れ歯やブリッジだと、歯の隙間をきちんと埋めることができないので、いずれは歯並びが崩れて歯がガタガタになってしまう可能性があります。
しかしインプラントなら、そういった影響を受けることがないので、見た目の良さを維持でき、天然歯と見分けが付かない審美性の高さが評価されます。
次いで機能性についてですが、自分の骨に直接埋め込むということで安定感が生まれて、使用しているうちに歯が浮いてくるというようなことを避けられます。
こういった機能の良さが健康に与える影響もあります。
しっかり噛めるということで咀嚼が満足にできるので、食事からの栄養補給も問題なく行えます。
そしてインプラント自体は人工歯なので虫歯にはなりません。
隙間をきっちりと埋めるインプラントでは、歯並びが整うことで骨格のゆがみも強制されて、歯を食いしばることで運動能力も充分に発揮できます。
骨格のゆがみによって生じた体の痛みも解消されるでしょう。
さて、上記のように審美性が優れているという事から多くのメリットがある反面では、もちろんデメリットもあります。
それは、インプラントは審美歯科に当たるため、保険適用ができないので治療費が高くつくということです。