インプラント歯科の費用

Author: admin

インプラント歯科は、見た目・機能・健康面などで高いメリットを得ることができる歯の治療です。
ただ、そのメリットに比例して高い治療費がかかってしまうと言うネックもあります。
高額な治療費がかかる理由として、インプラント歯科は審美歯科扱いの自由診療に当たるためです。
自由診療という事は、保険適用外の治療という事になり、治療費は各クリニックで自由に設定できるようになっています。
保険とは、日本国民の誰もが何かしらの形で加入しなくてはいけない健康保険のことですが、被保険者が病気や怪我などで治療が必要な状態になったときに、医療費の一部が負担してもらえるものです。
ただし、全ての治療において健康保険が使えるわけではありません。
原則として、“生活をしていく上で支障をきたす症状”のみに保険で診察・治療ができます。
歯科治療の場合の保険適用基準は、生命維持である食事の咀嚼をするため、健康に害を与える病気を改善するための治療であることです。
こういった理由で失くした歯を取り戻す治療は生きる上で必要ですが、そこに付帯する見た目や使用感といった審美性は生きる上では必ずしも必要とはされません。
そこが、インプラント治療が審美歯科として扱われる理由です。
インプラント治療の費用はクリニックによって差があるというのは分かってもらえたかと思いますが、実際にかかる費用は、最も安いクリニックで10万円前後(インプラントの埋め込み1本に付き)、高いクリニックでは50万円程します。
こうして見ると費用差はかなりのものですね。
ここから相場を算出してみると、インプラントの埋め込み1本につき約30万円~35万円となっています。
一概に、費用が安いから悪い治療、費用が高いから良い治療ができるわけでもないので、ならば安いクリニックで・・・と思いますが、費用だけで判断するのはインプラント治療の失敗を招く要因になります。
インプラントの成功率を決めるのは、あくまでも医師の腕次第だという事は覚えておいてください。